English















 
20世紀は科学技術が突出的に発達した世紀であることは万人が認めるところですが、この科学技術文明はそのハードウェアを活かすためのソフトウェア、すなわち文化の発展を伴わなければ、その良い面を充分にに発揮できません。文化にもいろいろな側面がありますが、中心となるのは「感性」が基となる「アート」です。その意味で私達は「アート」と「ハイテク」のバランスと 協力を主張することが設立の趣意の一つです。

また、20世紀の科学技術に於いては富める国はその経済的メリットを生かし大きな投資をすることによってハイテクのレベルを向上させさらに富んで行き貧しい国はいつまでも貧しい状態が続き、貧富の差はますます広がっているのが現状です。これを解消するのが先進国から開発途上国への技術援助です。

今回発足しました「国際芸術協力機構」は、国連を中心とするユネスコ、国連大学、UNDPなどの国際機関、それにJICAなど日本を始め、世界の政府機関とタイアップして、開発途上国への技術協力や国内企業の活性化のための技術開発を図りながら、
 
ArTech 
国際芸術技術協力機構
東京都渋谷区富ヶ谷1-46-7-203

Tel : (++81)-3-6407-8270
Fax: (++81)-3-3481-8288
E-mail:
Kids-ISO14000@artech.or.jp